mt. Tomoro

そこに山があるから。
<< 2007/11/04 やられた。 | TOP | 2007/12/20 ちょっと待った! >>
2007/11/25
071125_2201~01.jpg
今日は中国語検定の日。知人が準1級を受験したそうで,作文ができなかったと嘆いていた。難波でお茶を飲みつつ話をしたりして過ごす。

その後,ジュンク堂で本を物色。知人の勧めてくれた以下の本と,文法書を購入。

『通訳メソッドを応用したシャドウイングで学ぶ中国語難訳語500』(スリーエーネットワーク,長谷川正時・著)→RECOMMENDを参照

いや,この本はかなりオススメです。「はじめに」でも書いていますが,この本は,“2年以上中国に留学した人”で,“中国語力・通訳力を必要とする人”が対象です。たとえば,以下のようなフレーズが。

それではお言葉に甘えさせていただきます。
您既然这么说,我就不客气了。

解釈に幅を持たせるようにします。
使解释具有灵活性。

彼には私から当たり障りのないように言っておきます。
我替你对他妥善地讲一下吧。

本書には,私にとってまさに「このフレーズが言いたかったんだ!」というものが多く含まれ,見ているだけでワクワクしてきます。また巻末には,通訳時によく使われる成語や最低限知っておくべき著名人の中国名や一般教養として知っておくべき単語が(簡単に)まとめてあって,これもなかなか。もちろんCDがついていますので,通勤・通学時にも練習可(ただし,かーなり早いですけど)。

さて,写真は,その後で寄った梅田明月館の川向かいにある中華料理店の料理。日本橋にある「K」風の作りだが,どうやら関係はなさそう。ヤンロウは現地で,料理は「ミンミン」で修行したのだとか(このミンミンというのは渋谷の「ν啼館」のことなのだろうか。それともいわゆる「餃子のΑ廚里海箸な)。なんだかよくわかんない。羊肉串を5本,それから青菜系をもらおうと「青菜皮」を注文。ヤンロウがタレ漬けで肉もかなり柔らかかったのが印象的(個人的には,噛みごたえある安っぽいほうが好きなんだが)。「青菜皮」(白菜と春雨の炒めもの)のほうは……うーん,何というべきか。ミンミンっぽいというか,中国の裏通りにある安料理屋が出してくれるような(ある意味でとても“地道”な感じの)出来ばえ。個人的には,紹興酒の燗を頼んだら「できないです」というのがイタかったなあ。

(2007/11/26)
| Diary & 雑記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blackhearts.jugem.cc/trackback/381
トラックバック
中国語検定
中国語検定を総合的に考えるサイトです。中国語検定に関するRSS情報を付記しました。
| 中国語検定研究サイト | 2008/01/08 10:05 PM |